服代 3万

服代3万は高すぎる?

おしゃれはしたいけど、気の向くままに満足いく買い物をすると服代に毎月何万円もかかってしまいますよね。

 

1ヶ月に服代3万は高すぎる?低価格でおしゃれするためには・・

 

少しでも節約するためにセールで買ったり、予算を決めたり工夫していると思いますが、このサイトではそんな、おしゃれを楽しみながら節約する方法を紹介しますね。

 

おすすめの服代を節約法はこれ!

管理人オススメの服代節約法は「レンタル」ですね。

 

レンタルのいいところ
・買うより安い
・月の予算が決まる(使いすぎない
・最新のおしゃれが楽しめる
・タンスの肥やしにならない

 

そのなかでもおすすめなのは「Rcawaii (アールカワイイ)」です。

 

理由は、届いた洋服が気にいらない場合は何回でもチェンジすることができますし、着こなし方や次のコーデについてスタイリストに相談もできるからです。

 

 

もし、届いたコーデが気にいった場合は返却期限なしで好きなだけレンタルできますし、なんならそのまま購入することもできます。

 

服って実際に何度か着て見たら気に入らないこともあるし、タンスの肥やしになることも多かったのですが、チェンジできるレンタルならそういった心配がないです。

 

逆に本当に気に入って何年も着たい服と出会ってしまったら購入できるのもいいですよね。

 

節約したぶん、定番服ちょっと質の高いものを買って何年も楽しむのがいいと思います。

 

まずはどんな服があるのか見てみるといいと思いますよ。

 

≫Rcawaiiにある服を見てみる

 

服代はみんないくらかけてるのかな?

▼専業主婦の服代
家庭を持つと服代に限らず自由に使えるお金がおこづかい制になって限定される場合が多いと思います。

 

そんな専業主婦の服代ですが、20代だと月1万程度、節約上手な人でワンシーズン1万円程度という主婦の方もいました。

 

40代だと経済力の違いなのか、中には1ヶ月に4万程度という人も。

 

 

▼OLの服代
OL向けファッション誌に載っている服の値段は高いと感じている人も多いですよね。
そんなOLの場合も実際の服代は月1万程度が多いようです。
ただし実家住まいの場合は家賃がかからないため5?10万ほど服代に使っているケースも。
参考:http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2006/1124/110711.htm

 

▼女子大生の服代
女子大生は収入があってもアルバイトになりますから、みんな服代は上の世代よりも抑えているみたいです。
一番多いのは月5000円程度でした。
参考:https://gakumado.mynavi.jp/gmd/articles/29527

 

▼総務省の家系調査
総務省の家系調査で世帯当たりの被服費が公開されています。
グラフを見ると1世帯が使う服代って下がり続けているんですね。
平均すると年間で144,985円ですから月々で割ると12,082円です。
2人以上の世帯の平均ですから一人にならすと6000円以下・・・

 

参考:http://www.stat.go.jp/naruhodo/c3d0209.htm

 

 

 

自力で服代を節約する工夫

・普段は我慢してセールでまとめ買いする
→理屈で考えればお得な買い方ができるはず
→我慢してるぶんセールで買いすぎてしまうことが多く危険だと言われている。

 

 

・月ごと/季節ごとに予算を決める
→使いすぎを防ぐ意味では安全な考えかた。
→手取りの数%が良いと言われていますが、大抵の場合満足できない金額になる
→月3万とか数字のイメージで決めてしまうと現実とのギャップが生まれることも

 

・一晩考える
衝動買いをしてしまう人は一晩冷静に考えるというのも大事

 

・ファストファッションで似たものがないか探す
定番服以外の場合、何年も着ない場合があり、ファストファッションで代用できるならした方が安く済む。
逆に定番服は長く着れるので安いものを何度も買い換えるよりも質の高いものを何年も着た方がお得な場合がある。

 

 

まとめ

服代のイメージは世代によってだいぶ違います。
ファッション雑誌を見ていると月に数万円使うのが普通のように感じますが、実際の調査を見ると5000円?10000円に抑えている人が多いんですね。

 

1ヶ月に服代3万は高すぎる?低価格でおしゃれするためには・・

 

費用を抑えて雑誌のようなファッションを楽しみたいという人にはレンタルという選択肢もあります。